帯状疱疹はヘルペスウイルスの一種

ヘルペスウイルスの一種の帯状疱疹(たいじょうほうしん)の症状は、皮膚にちくちくするような痛みが起こることから始まります。
痛みを感じた場所にぶつぶつとした赤い発疹ができて、水ぶくれとなり帯状に広がります。
症状が現れるのは、体の左か右の片方だけ現れますが、2か所以上の場所に現れることはほとんどありません。

帯状疱疹は、水ぼうそうを起こすウイルスと同じ水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。
水ぼうそうの多くは、子供のころにかかります。
発症後1週間程度で治りますが、体の神経が集まっている部分に隠れており、長い場合は何十年も潜伏し続けます。
免疫力が低下しているときなどに、神経が集まっている部分から出てきて活動を始めます。
そして皮膚に帯状の水ぶくれを作ります。

帯状疱疹が他人にうつることはほとんどありませんが、水ぼうそうにかかったことがない人にはうつる可能性があるので、免疫のない赤ちゃん、乳幼児は注意が必要です。

口唇ヘルペスは水ぶくれが破れたりすると、そこからうつります。
この口唇ヘルペスの治療では、抗ウイルス剤を使用します。
過去に医師により、口唇ヘルペスだと診断され、治療をうけたことがある場合は、薬を薬局で購入はできますが、第一類医薬品であり、薬剤師のいる薬局での購入となります。
なぜ薬剤師がいないと購入できない薬なのかというと、万が一ヘルペスでなかったら薬は効かないですし、口唇ヘルペスでない場合も非常に多いです。
口唇ヘルペスなのか、他の疾病なのか自己判断することは難しく、症状が重症化する場合があります。
そのため、薬ネット販売での購入もできません。
薬局で買えるものは、再発治療薬のヘルぺシア、アクチビア軟膏、アサセナSです。